ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 農林業における気象災害対策 > 農林業における少雨・高温対策マニュアル

農林業における少雨・高温対策マニュアル

印刷用ページを表示する掲載日:2019年5月15日更新

生産者のみなさまへ

 気象庁発表の「全般1ヶ月予報(令和元年5月9日)」によると、北・東・西日本では、日本海側を中心に気温がかなり高くなる可能性があり、降水量も平年並みか少ない見込みとなっています。今後、高温、少雨に伴う農作物等への影響が心配されます。以下に農林業における品目毎の高温、少雨対策を掲載しておりますのでご活用ください。

暑熱環境下で作業を行う場合は、熱中症対策として、高温下での長時間作業を避け、こまめな水分と塩分の補給や休憩を取るように心掛けてください。

1.作物

2.野菜

3.花き

4.果樹

5.畜産

6.茶樹

7.しいたけ


大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください