ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 防災対策企画課 > 市町村の避難情報の発令に係る支援要綱について

市町村の避難情報の発令に係る支援要綱について

印刷用ページを表示する掲載日:2018年4月1日更新

 集中豪雨等による土砂災害や洪水から住民の生命及び身体を守るためには、住民一人ひとりが適切な避難行動をとれるよう防災意識の高揚を図るとともに、市町村において避難勧告等の発令が的確に行うことも重要です。
 そのため、県では、集中豪雨等による土砂災害や洪水のおそれが高まった場合、市町村長による避難勧告等の発令の判断に資するきめ細かな防災気象情報等の提供及び解説などの支援を、河川課、砂防課及び大分地方気象台が連携して総合的に行うため、「市町村の避難勧告等の発令に係る支援要綱」を作成しました。
 今後は、この要綱に基づき、土砂災害の危険度や河川の水位などの状況に応じた適宜適切な判断、行動が行えるよう市町村、県、大分地方気象台が連携して取り組んでいまいります。

※自然災害に対しては、住民の皆さんが自らの判断で避難行動をとることが原則です。
 避難勧告等が発令されていなくても、少しでも危険を感じたら、早めに避難することが何より重要です


 


大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください