ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 知事通信 > 知事通信「竹工芸品海外販路開拓事業 新製品完成報告」

知事通信「竹工芸品海外販路開拓事業 新製品完成報告」

印刷用ページを表示する掲載日:2015年8月4日更新

平成27年8月3日 

 大分県竹産業文化振興連合会は、竹工芸品の海外販路開拓のため、3年前から米国での展示会および商談会を行っています。今年は9月11日から約3ヶ月間、米国サンディエゴの日本友好庭園において開催される「竹工芸企画展」にて展示が予定されており、新商品(テーブルセンターピース)が完成したため、同連合会の岩尾会長ら関係者5名が県庁を訪れ、知事への報告を行いました。

 岩尾会長は「過去2年の反省を踏まえ、事業の質も作品の質も向上してきました。ジュエリーの開発など今後の展開も考えており、機会があればまたご支援をよろしくお願いします」と報告し、知事は「アートは進化するものですから、今後も努力を続けて、いいものを作っていってください。必要なときは応援します」と激励しました。

竹工芸品海外販路開拓事業 新製品完成報告1 竹工芸品海外販路開拓事業 新製品完成報告2

海外向けPR動画についてはここをクリックしてください