ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 知事通信 > 知事通信「大分県文化プログラム検討会議検討結果報告書(中間答申)」

知事通信「大分県文化プログラム検討会議検討結果報告書(中間答申)」

印刷用ページを表示する掲載日:2015年9月7日更新

平成27年9月3日 

 大分県文化プログラム検討会議では、平成30年に大分で開催される国民文化祭から平成32年の東京オリンピック・パラリンピックまでの期間における大分県の文化プログラムを検討しています。同会議の委員5名が知事への中間答申を行うために、県庁を訪れました。

 報告では、平成30年の国民文化祭の誘致に向け、早急に取り組みを進めること、また次代の大分県の芸術文化の振興や、「創造県おおいた」の実現に寄与するような文化プログラムを推進することなどが提案されました。報告を受けた知事は、「芸術文化祭のやり方も以前よりも自由になっており、皆さんの報告書を参考に取組について考えていきたい」と述べました。

大分県文化プログラム検討会議検討結果報告書(中間答申)1 大分県文化プログラム検討会議検討結果報告書(中間答申)2


海外向けPR動画についてはここをクリックしてください