ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 知事通信 > 知事通信「豊後高田市受賞報告」

知事通信「豊後高田市受賞報告」

印刷用ページを表示する掲載日:2015年11月12日更新

平成27年11月9日

 平成27年4月から本格運用が開始された「全国移住ナビ」のスタートアップキャンペーンで行われた「全国コンテスト」において、豊後高田市が全国の市町村で最多のアクセス件数を記録し、ローカルホームページ部門で総務大臣賞を受賞、また、第25回全国花のまちづくりコンクールで農林水産大臣賞を受賞しました。豊後高田市の永松市長、NPO法人長崎鼻BKネットの近藤理事長、花いっぱい運動推進グループの塩崎代表が県庁を訪れ、知事へ受賞報告を行いました。

 永松市長は「全国移住ナビでは、移住希望者が欲しい情報が分かりやすいこと、関係外部ホームページへの誘導が良いことなどが評価されました。花のまちづくりコンクールでは、花を観光振興だけでなく、その油などを用いた六次産業化が地方創生の見本として評価されました」と説明し、知事は「受賞おめでとうございます。今回の受賞は、皆さんが魅力のあるまちをつくろうと進められてきた努力の結果です。今後の地方創生の良い見本として活かしていきたい」と祝辞を述べました。

豊後高田市受賞報告1 豊後高田市受賞報告2


海外向けPR動画についてはここをクリックしてください