ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 知事通信 > 知事通信「株式会社おおやま夢工房への経営参画に関する知事報告」

知事通信「株式会社おおやま夢工房への経営参画に関する知事報告」

印刷用ページを表示する掲載日:2015年12月28日更新

平成27年12月25日

 このたび九州旅客鉄道株式会社(以下、JR九州)が、大分県日田市との間で同市の第三セクター「株式会社おおやま夢工房」へ経営参画することになったため、日田市の原田市長、JR九州の青柳社長、おおやま夢工房の三苫社長が県庁を訪れ、知事に報告を行いました。

 原田市長は「今年はJR九州にはデスティネーションキャンペーンでお世話になりましたが、今後もご協力いただいて観光の拠点づくりを進めていきたい」、青柳社長は「おおやま夢工房さんは魅力あふれる商品を持っており、JR九州の持つ流通やホテル業との相乗効果が期待されます」、三苫社長は「JR九州という新しいDNAを取り込むことで日田市全体の発展につなげていきたい」と挨拶し、知事は「おおやま夢工房は大きなポテンシャルを持っており、いろいろな楽しみ方ができると考えています。それをJR九州が今後どんどん実現していっていただくことを期待しております」と挨拶しました。

株式会社おおやま夢工房への経営参画に関する知事報告1 株式会社おおやま夢工房への経営参画に関する知事報告2


海外向けPR動画についてはここをクリックしてください