ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 知事通信 > 知事通信「第15回高校生ものづくりコンテスト優勝報告および大分県賞詞授与式」

知事通信「第15回高校生ものづくりコンテスト優勝報告および大分県賞詞授与式」

印刷用ページを表示する掲載日:2016年1月7日更新

平成28年1月6日

 第15回高校生ものづくりコンテスト全国大会において、電気工事部門で雨川薫さん(大分工業高校3年)、電子回路組立部門で西田悠真さん(鶴崎工業高校3年)が優勝したため、二人が県庁を訪れ、知事への優勝報告会と大分県賞詞授与式が行われました。

 報告会では、日々の練習やコンテストの内容、実際に作った装置のデモンストレーションを交えながら説明が行われました。県賞詞授与式で知事は「大分県は九州では福岡に次ぐ「ものづくり県」であり、ものづくりの今後の課題はいかに技術を継承し、人材を育てるかということにあります。お二人の優勝は大分の将来にとって大変意味のあることです」と挨拶し、受賞者代表の雨川さんは「先生方のご指導をはじめ、家族や仲間の支えにより優勝することができました。今後就職してもこの技術を磨いていきたい」と挨拶しました。

第15回高校生ものづくりコンテスト優勝報告および大分県賞詞授与式1 第15回高校生ものづくりコンテスト優勝報告および大分県賞詞授与式2


海外向けPR動画についてはここをクリックしてください