ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 知事通信 > 知事通信「大分県と大分県信用組合との地方創生に係る包括連携協定締結について」

知事通信「大分県と大分県信用組合との地方創生に係る包括連携協定締結について」

印刷用ページを表示する掲載日:2016年4月1日更新

平成28年3月31日

本県地方創生の実現に向けて一層の連携強化を図るため、大分信用組合と大分県が協定を締結することとなり、大分信用組合の吉野一彦理事長らが県庁を訪れ、締結式が行われました。

吉野一彦理事長は「県民のために金融機関として、活力ある大分県のため全力を尽くして、地方創生に取り組んでいきたい」と挨拶し、知事は「地方創生は国の課題であり、地方の課題でもある。就業支援や移住・定住促進、産業・観光振興など、大分県の地方創生に向けて、これからも協力していきたい」と挨拶しました。

 大分県と大分県信用組合との地方創生に係る包括連携協定締結1大分県と大分県信用組合との地方創生に係る包括連携協定締結2


海外向けPR動画についてはここをクリックしてください