ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 知事通信 > 知事通信「『父の日にバラを』知事へのバラ贈呈」

知事通信「『父の日にバラを』知事へのバラ贈呈」

印刷用ページを表示する掲載日:2016年6月13日更新

平成28年6月13日

 6月の第3日曜日(今年は6月19日)の『父の日』には、日頃の感謝の気持ちを添えてバラを贈ろうという運動が全国的に展開されています。『父の日』を前に、県内のバラ生産者で花き生産者協議会バラ部会の手島部会長、本田部会員ら5名が県庁を訪れ、知事にバラの花を贈呈しました。

 手島部会長は「原油高や海外からの輸入に押され、県内のバラの生産は年々減少している。しかし、県のオリジナル品種は国内トップクラスで、『第59回日本ばら切花品評会』では農林水産大臣賞を受賞しました」と生産概況を説明しました。知事は「すばらしいバラをありがとうございます。バラを頂いたことはもちろんですが、生産者の方々のバラ作りへの意気込みが何より嬉しいです。大分県の農業にとってバラ作りは重要な分野ですので、みなさんの気持ちが実るように頑張ってください」と感謝と激励の言葉を述べました。

『父の日にバラを』知事へのバラ贈呈1 『父の日にバラを』知事へのバラ贈呈2


海外向けPR動画についてはここをクリックしてください