ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 知事通信 > 知事通信「フジボウ愛媛株式会社新工場立地表明」

知事通信「フジボウ愛媛株式会社新工場立地表明」

印刷用ページを表示する掲載日:2017年8月22日更新

平成29年8月21日

 フジボウ愛媛株式会社(本社:愛媛県西条市)が、大分市の大分臨海工業地帯6号地C-2地区に新工場を設立することになり、富士紡ホールディングス株式会社の中野取締役会長兼社長とフジボウ愛媛株式会社の木原取締役社長が県庁を訪れ、知事と大分市の佐藤市長へ立地表明を行いました。

 富士紡ホールディングス株式会社の中野会長兼社長は「国内候補地を工場立地の諸条件から種々検討しました結果、「仕事を創り、仕事を支える人を育てる」という「九州創生アクションプラン」に取り組まれている大分県に進出させていただくことにしました」と挨拶しました。知事は、「九州はシリコンアイランドと呼ばれる地域です。御社の進出により、さらに九州の産業が盛り上がります」と述べました。また、大分市の佐藤市長は「御社の進出により、大分市にハイテクの基盤が整います。県とともにご支援します」と挨拶しました。

フジボウ愛媛株式会社新工場立地表明 フジボウ愛媛株式会社新工場立地表明2

海外向けPR動画についてはここをクリックしてください