ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 知事通信 > 知事通信「地域農業経営サポート機構」認定証交付式」

知事通信「地域農業経営サポート機構」認定証交付式」

印刷用ページを表示する掲載日:2017年8月25日更新

平成29年8月24日

 農業従事者の高齢化や人口減少が進む中、県では地域農業を支える仕組みとして、担い手不在集落の対応や就農支援など、地域農業を総合的にサポートする「地域農業経営サポート機構」の設立を推進しています。この度、国東半島エリアと県北エリアで初となる地域農業経営サポート機構の認定に際し、(公社)杵築市地域活性化センターの田邉利一代表と(公社)農業公社やまくにの古西譲司代表ら関係者6名、杵築市の永松市長と中津市の奥塚市長が県庁を訪れ、県庁で認定証交付式が開催されました。

 各組織による取り組みの概要について説明を受けた知事は「県の農業を形成する中核的組織となることを期待しています。後継者を育て、大分の農業を守りから攻めに転換していきましょう」と挨拶しました。

「地域農業経営サポート機構」認定証交付式1 「地域農業経営サポート機構」認定証交付式2

海外向けPR動画についてはここをクリックしてください