ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 知事通信 > 知事通信「「災害時における畳の供給に関する協定」締結式」

知事通信「「災害時における畳の供給に関する協定」締結式」

印刷用ページを表示する掲載日:2018年3月12日更新

平成30年3月9日

 県は、大分県畳工業組合と災害時における被災者の支援等を円滑に実施するために、「災害時における畳の供給に関する協定」を締結することとなり、同組合の田崎(「崎」は立つ崎)博志理事長らが県庁を訪れました。

 田崎理事長は「県民に恩返しをしたいという思いから締結に至りました。避難所の生活環境を改善するためにお使いください」と挨拶しました。広瀬知事は、「板張りの避難所ではストレスも多くなります。災害時には畳をご提供いただける協定の締結、ありがとうございます」と感謝の意を述べました。

「災害時における畳の供給に関する協定」締結式1 「災害時における畳の供給に関する協定」締結式2

海外向けPR動画についてはここをクリックしてください