ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 知事通信 > 知事通信「アサヒスーパードライ「おんせん県おおいた」ラベル発表の報告」

知事通信「アサヒスーパードライ「おんせん県おおいた」ラベル発表の報告」

印刷用ページを表示する掲載日:2018年4月11日更新

平成30年4月10日

 アサヒビール株式会社が、地域に貢献する活動の一環として、おんせん県おおいたラベルの商品を4月17日(火)から12月末までの間大分県限定で発売するにあたり、広瀬知事に商品発売の報告を行いました。

  アサヒビール株式会社大分支社利岡支社長は「大分県の観光振興、経済の発展のために一緒に取り組んでいきたい。売り上げ1本につき1円を、大分県の観光振興を目的に寄付するので、温泉地サミットやラグビーワールドカップ2019などのビッグイベントに役立ててもらいたい」と述べました。広瀬知事は「観光で来た方もこの瓶で飲むと、大分に来たという旅愁に誘われるだろう。ビッグイベントもあるので地域をあげて盛りあげていきたい」と述べました。

   広瀬知事と利岡支社長が握手している様子 記念撮影の様子

海外向けPR動画についてはここをクリックしてください