ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 知事通信 > 知事通信「優勝報告会と大分県賞詞授与式」

知事通信「優勝報告会と大分県賞詞授与式」

印刷用ページを表示する掲載日:2018年4月13日更新

平成30年4月12日

 平成29年度第41回全国高等学校ハンドボール選抜大会等の各種大会において優勝された団体・個人が、大分県賞詞を受賞し、県庁で優勝報告会と県賞詞授与式が行われました。 

 広瀬知事は「みなさんの健闘ぶりは素晴らしく、県民に勇気を与えた。みなさんのご努力に心から敬意を表します。今後も練習に励み、さらなるレベルアップと、益々のご活躍をお祈りします」と述べました。受賞者を代表して大分高等学校女子ハンドボール部の高山彩音主将は「たくさんの応援のおかげで優勝することができた。今後も仲間と切磋琢磨し、一生懸命努力します」と述べました。 

<県賞詞受賞者>

長野 聖子(大分ケーブルテレコム(株)) テコンドー女子53kg級

上野 優佳                   フェンシングジュニア個人フルーレ

一丸 尚伍((福)太陽の家)        自転車男子エリートチームパシュート

大分高等学校女子ハンドボール部    ハンドボール

広瀬知事と受賞者の記念撮影の様子  広瀬知事と受賞者との記念撮影の様子2 

    

海外向けPR動画についてはここをクリックしてください