ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 知事通信 > 知事通信「平成30年度全国乾椎茸品評会並びに全農乾椎茸品評会知事報告」

知事通信「平成30年度全国乾椎茸品評会並びに全農乾椎茸品評会知事報告」

印刷用ページを表示する掲載日:2018年7月25日更新

平成30年7月24日

 第66回全国乾椎茸品評会と第51回全農乾椎茸品評会で、県内の生産者の皆さんが「農林水産大臣賞」と「林野庁長官賞」を受賞され、また、全国乾椎茸品評会では、20年連続、通算52回目の団体優勝を達成し、このたび知事への受賞報告会が行われました。 

 第66回全国乾椎茸品評会で農林水産大臣賞を受賞した後藤文生さんは「今年の冬は例年にない寒さで、雪も5,6回降りました。気温が低かったせいで、良品がとれる期間は短かったのですが、タイミングよく自分が納得できるものがとれました」と喜びを語りました。これに対して広瀬知事は「素晴らしい成績を収められた皆さんに、お祝いと敬意を表します。皆さんのおかげで、大分県といえば乾椎茸、乾椎茸といえば大分県、というブランドが確立されました。これは皆さんお一人お一人、またご家族のご尽力のおかげだと思います。これからもぜひがんばっていただきたい」とお祝いの言葉を述べました。    

全国乾椎茸品評会受賞者の皆さんと記念撮影 全農乾椎茸品評会受賞者の方と記念撮影

    

海外向けPR動画についてはここをクリックしてください