ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 知事通信 > 知事通信「株式会社コンカー立地表明」

知事通信「株式会社コンカー立地表明」

印刷用ページを表示する掲載日:2018年10月31日更新

平成30年10月30日 

 出張・経費管理のクラウドサービスを提供する株式会社コンカー(本社:東京都中央区)が、大分市に新拠点を設置するにあたり、知事に立地表明を行いました。 

 三村代表取締役社長は「弊社は、出張費や接待費などの間接費をガバナンス、働き方改革・生産性の向上、コスト削減の3つの観点から管理するクラウドサービスを提供しており、世界のトップ企業のほとんどがこのサービスを利用しています。大分市に進出した理由は、県や市の支援プログラムが充実しており、採用面でも手厚い支援をいただいたからです。また、サービス・サポート本部の筒井本部長が大分出身で、大分に対して強い気持ちを持っていました。2022年末までには100名規模の会社となるよう急ピッチでしっかり取り組んでいきます」と述べました。これに対して広瀬知事は、「大分への進出について、心から歓迎いたします。大分に進出してよかったなと思っていただけるよう、しっかり支援していきたいと思います」と述べました。大分市の佐藤市長は「これからのニーズが高く、期待されている分野ですね。雇用が増えるので大変ありがたい。県と協力して支援していきます」と述べました。 

  立地表明書を知事に手渡す三村代表取締役社長 記念撮影の様子

    

海外向けPR動画についてはここをクリックしてください