ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 知事通信 > 知事通信「第11回学生金型グランプリ金賞受賞報告」

知事通信「第11回学生金型グランプリ金賞受賞報告」

印刷用ページを表示する掲載日:2019年6月15日更新

令和元年6月14日 

 平成31年4月18日(木)に開催された第11回学生金型グランプリにおいて、プラスチック型部門の最優秀賞である金賞を受賞した大分県立工科短期大学校チームの皆さんが、知事に受賞報告を行いました。同校の金賞受賞は2年ぶり3回目です。

 受賞した金型は、今春卒業した機械システム系金型エンジニアコースの学生が製作したもので、チームの2名は現在それぞれの企業で関連業務に従事しています。受賞者の佐々木佳祐さん(株式会社メイホー)は「プロが驚く画期的な構造に挑戦し、出場校のなかで最小・最軽量にできたことなどが良い評価に繋がりました」と報告しました。これを受けて広瀬知事は「見事に金賞を受賞されたことに心からお喜び申し上げます。技術は日進月歩していくので、これからも研鑽に励み、学校で学んだことを実際の現場で存分に活かしてください」とお祝いの言葉を述べました。

金型について知事に説明している写真 集合写真

    

海外向けPR動画についてはここをクリックしてください