ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 知事通信 > 知事通信「<豊後・米仕上牛>牛肉贈呈」

知事通信「<豊後・米仕上牛>牛肉贈呈」

印刷用ページを表示する掲載日:2014年3月10日更新

平成26年3月7日

 豊後高田市・杵築市の3戸の交雑牛肥育農家では、消費者に安全な牛肉を提供するために飼料用米(家畜の飼料として生産されたお米)など地元産の飼料にこだわった牛肉づくりに取り組んでいます。
農家自らが牛肉のブランド作りに取組み、新しい銘柄牛「豊後・米仕上牛」として、県内のスーパーで販売を開始してから1年を迎えることができ、それを記念して、知事へ牛肉の贈呈がありました。

「飼料用米給与牛」販売検討会 仲井会長は「3戸の生産者で、こだわりの餌と愛情を込めて育った豊後・米仕上牛です」、同会 由見氏は「美味しい牛肉を消費者へ届けたいという生産者の思いを聞き一緒に頑張っています。3月より販売店舗が拡大となりました」と語りました。

知事は「うまみたっぷりで柔らかく美味しいです。<豊後・米仕上牛>という名前も良いですね。元気いっぱいに生産していただいていると思います。県内スーパーでの販売店舗も拡大したとのことで、これからも頑張ってください。」と述べました。

牛肉贈呈  集合


大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください