ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 知事通信 > 知事通信「株式会社梅丘寿司の美登利総本店における大分県フェア報告」

知事通信「株式会社梅丘寿司の美登利総本店における大分県フェア報告」

印刷用ページを表示する掲載日:2014年3月26日更新

平成26年3月25日

株式会社梅丘寿司の美登利総本店、大分県漁業協同組合及び大分県の三者は、かぼすブリなどを使った大分県フェアを平成25年12月2日(月)~平成26年2月28日(金)まで共同して実施しました。

このフェアは首都圏におけるかぼすブリをはじめとした大分県産品の販売促進とおんせん県大分の観光PRもあわせて実施するため、都内にある同店18店舗でフェア対象品を購入しアンケートに記入していただいた方の中から抽選で温泉旅行などをプレゼントするというものです。
今年度のフェアの結果を報告するとともに、景品の抽選も行われました。

株式会社梅丘寿司の美登利総本店 尾藤仕入部部長より「今回のフェアでは、かぼすブリをはじめ、かぼすヒラメ、かぼす、かぼす胡椒、焼酎を販売いたしました。かぼすブリは臭みもなく大変美味しい、また大分県フェアを開催してほしいという声が多く聞かれ、今後もPRをしていきたいと思います」、大分県漁業協同組合 山本代表理事組合長は「今回のフェアで大分県のかぼすブリなどが好評でした。評価をいただくのには年月がかかりますが、これまでがホップ・ステップだとしたら、今年の秋口以降はジャンプしていくのではないかと期待をしています」と語りました。

知事は「大分県は<日本一のおんせん県おおいた♨味力(みりょく)も満載>という、温泉と食をからめた観光PRを進めている所です。今回、首都圏で大分県外の方への観光のPRもしっかりとやっていただき、心から感謝しております。今後も期待を裏切らないよう安心安全なものを作っていきます」と述べました

抽選会  集合写真


海外向けPR動画についてはここをクリックしてください