ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 知事通信 > 知事通信「優勝報告会及び県賞詞授与式」

知事通信「優勝報告会及び県賞詞授与式」

印刷用ページを表示する掲載日:2015年1月20日更新

平成27年1月6日 

 第14回高校生ものづくりコンテスト全国大会電子回路組立部門で優勝した大分県立鶴崎工業高校3年の吉井悠哉さん、第26回全日本ロボット相撲大会全日本の部及び第1回世界大会ラジコン型部門で優勝した大分県立大分工業高校の「未来ロボット工学研究部」(橋爪優明さん:3年、佐藤力也さん:2年)、全国高校生みんなDE笑顔プロジェクト決勝大会で優勝した大分県立玖珠農業高校の「チーム野菜」(中川一樹さん:3年、熊谷雄一郎さん:3年、湯浅明博さん:3年)が県賞詞を受賞し、県庁で授与式が行われました。

 授与式に先立って行われた優勝報告会で、鶴崎工業高校の吉井さんは技能五輪の選手として世界を目指すという今後の目標を、大分工業高校の橋爪さんは初代世界チャンピオンになった喜びを、玖珠農業高校の中川さんは杉の樹皮を使った独自のトマト栽培の方法で優勝を勝ち取った達成感をそれぞれ力強く語りました。

 授与式では、知事が「皆さんの奮闘は県民に大きな感動を与えてくれました。今後も練習や研究を重ね、大きく飛躍されることを心からお祈り申し上げます」と述べ、賞詞と記念品を受賞者それぞれに手渡しました。この後、受賞者を代表して、玖珠農業高校の中川さんが「栄誉ある賞をいただきありがとうございます。支えてくれたすべての方々に感謝いたします。大分県民としてこの賞に恥じぬよう努力を続けていきます」とお礼の言葉を述べました。

               授与式  記念撮影1  記念撮影2

海外向けPR動画についてはここをクリックしてください