ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 知事通信 > 知事通信「全国高校選抜大会優勝報告会と県賞詞授与式」

知事通信「全国高校選抜大会優勝報告会と県賞詞授与式」

印刷用ページを表示する掲載日:2015年4月21日更新

平成27年4月20日 

 3月に開催された全国高校選抜大会において、ボート競技女子シングルスカルで大門千紗選手(日田林工高校2年)、ライフル射撃競技男子ビームピストルズ40発で工藤湧士選手(由布高校3年)、アーチェリー競技オリンピックラウンド女子個人戦で小池美朝選手(大分高校2年)の3選手が優勝しました。4月20日、県庁にて優勝報告会と3選手に対する県賞詞授与式が行われました。

 授与式では、知事が受賞者それぞれに賞詞と記念品を手渡し、「皆さん方の奮闘ぶりはまことに見事なものであって、県民に大きな感動を与えて頂きました。今後とも精進を重ねていただいて、さらに先の目標に向かっていかれることを心から期待します」とあいさつしました。

 知事のあいさつに対し大門選手は「私の目標は世界大会やオリンピックで優勝することなので、それにむけて努力を惜しまず、一日一日を大切にしてがんばっていきます」、小池選手は「私の目標は東京オリンピックで金メダルを取ることなので、それにむけてまだまだ課題がたくさんあるので一つ一つ向き合って直していきます」、工藤選手は「東京オリンピックでメダルを取ることを目標に日々練習に励んでおります。この賞に恥じないよう、一人の人間として大分県民の皆さんの模範になれるようにがんばっていきます」と決意を表明しました。

  全国高校選抜大会優勝報告会 県賞詞授与式1 全国高校選抜大会優勝報告会 県賞詞授与式2

海外向けPR動画についてはここをクリックしてください