ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 知事通信 > 知事通信「サンクイーンゼリー発売報告」

知事通信「サンクイーンゼリー発売報告」

印刷用ページを表示する掲載日:2015年6月16日更新

平成27年6月15日 

 高級洋菓子店の老舗であるモロゾフ株式会社が、産地や地域企業とのコラボ商品開発と新たな販路開拓を目的として、大分県が全国2位の生産量を誇る中晩柑セミノール(販売名:サンクイーン)を使用したゼリーを商品化しました。6月下旬からトキハデパートとトキハインダストリー各店で取り扱う予定で、発売に先立ちモロゾフ株式会社の山口社長と寺澤支店長と一瀬チーフ、株式会社トキハの井上部長と安部氏、株式会社つえエーピーの大石取締役と除村部長が県庁を訪れ、知事に発売報告を行いました。

 報告を受け、試食をした知事は「香りも良く、果肉の歯ごたえも感じられて美味しいゼリーです。大分自慢のサンクイーンを使用し、生産から販売まで皆さんで協力して作り上げていることが、一次産業の振興や地域活性化という点で非常に重要です。暑い夏にもぴったりのこのゼリーを、多くの方にぜひ食べていただきたい」と感想を述べました。

サンクイーンゼリー発売報告1 サンクイーンゼリー発売報告2 

大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください