ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 知事通信 > 知事通信「『父の日にバラを』知事へのバラ贈呈」

知事通信「『父の日にバラを』知事へのバラ贈呈」

印刷用ページを表示する掲載日:2015年6月16日更新

平成27年6月15日 

 6月の第3日曜日(今年は6月21日)の『父の日』には、日頃の感謝の気持ちを添えてバラを贈ろうという運動が全国的に展開されています。『父の日』を前に、県内のバラの生産者で花き生産者協議会バラ部会の手島部会長、安部氏、森氏の3名が県庁を訪れ、知事にバラの花を贈呈しました。

 手島会長は「バラの生産は縮小傾向で、コスト削減やオリジナル品種の作成などを頑張っています。大分のオリジナル品種は東京や大阪で非常に好評価を得ています」と生産概況を説明し、知事は「すばらしいバラをありがとうございます。バラをもらうと、まだまだ頑張らないといけないと力がわいてきます。海外からの輸入に押されたりと厳しい状況ですが、マーケットの大きな期待に応えて大分県の戦略商品として頑張っていただきたい」と感謝と激励の言葉を述べました。

『父の日にバラを』知事へのバラ贈呈1 『父の日にバラを』知事へのバラ贈呈2

大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください