ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 知事通信 > 知事通信「株式会社錦祥 立地表明」

知事通信「株式会社錦祥 立地表明」

印刷用ページを表示する掲載日:2015年6月25日更新

平成27年6月23日 

 平成25年6月に操業停止したテキサス・インスツルメント(株)日出工場現グランド空地に、株式会社錦祥のミネラルウォーター非加熱常温無菌充填プラントを建設することが決まり、日出町の工藤町長、株式会社錦祥の槝之浦会長、松田常務、槝之浦取締役、株式会社栗山建設設計研究所の栗山所長、株式会社天三の加藤代表取締役、テクノス株式会社の中川社長が県庁を訪れ、知事への立地表明と調印式を行いました。

 槝之裏会長は「本事業の発展を通じ、大分県や日出町の振興に貢献できるよう努力します」と挨拶し、知事は「今回の立地は雇用や地域の振興にもつながることが期待され、歓迎します」、工藤町長は「日出町が湧き水の町として磨きがかかることを期待します。地元として最大限の支援をしたい」と返答しました。

 新工場は平成28年3月着工、平成29年2月に稼働開始予定。日本のミネラルウォーター製造メーカーは加熱殺菌するのが一般的ですが、新工場では水の美味しさを損なわないよう非加熱・無菌充填し、水質汚染でミネラルウォーターの需要の高まっている中国の富裕層をメインターゲットとして輸出される予定です。

株式会社錦祥 立地表明1 株式会社錦祥 立地表明2

大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください