ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルスに関するお知らせ > 新型コロナウイルス感染症に関連する人権への配慮について

新型コロナウイルス感染症に関連する人権への配慮について

印刷用ページを表示する掲載日:2020年9月18日更新

県民の皆さまへ

 新型コロナウイルスへの感染が拡大する中、感染への不安から不当な差別や感染した方への誹謗・中傷が国内や県内でも報告されています。

(実際に報告のあった事例)
 ・感染症が終息した医療機関への受診履歴を理由とした排除行為
 ・医師が不要と判断したにも関わらず、勤務先がPCR検査の実施を要求
 ・感染を恐れた過剰な入店制限
 ・県外ナンバーの車に乗っているというだけで忌避・排除
 ・感染した人や家族、その施設や周辺地域への誹謗・中傷
 ・PCR検査で陰性にも関わらず、その子どもの保育園登園拒否
 ・医療従事者や若年層をウイルス菌保有者と断定して差別
 
 誰もがウイルスには感染したくありませんが、誰にでも感染は起こりうることです。新型コロナウイルス感染症に関連した誤った情報や不確かな情報に基づく不当な差別、いじめ等の人権侵害はあってはなりません。
 不確かな情報に惑わされて人権侵害につながることがないよう、公的機関が発表する正しい情報に基づいて、人権に配慮した適切な行動をお願いします。
新型コロナウイルス感染症に関連した偏見や差別をなくしましょうチラシ

新型コロナウイルス感染症に関する情報

新型コロナウイルス感染症に関する正しい情報については、次のページをご覧ください。

人権侵害を受けた時の相談窓口

コロナウイルスに関係した不当な差別やいじめ等の人権問題について相談を受け付けています。

法務省の相談窓口

県庁の相談窓口

人権尊重・部落差別解消推進課
TEL:097-506-3172(平日8:30~17:15)
E-mail:a13710@pref.oita.lg.jp

※E-mailでの相談の場合、相談を受けてからお答えするまで、多少日数を要する場合があります。
人権尊重・部落差別解消推進課メールアドレスQRコード

海外向けPR動画についてはここをクリックしてください