ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

奨学金返還支援(芸術文化)

印刷用ページを表示する掲載日:2019年6月19日更新

芸術文化分野の奨学金返還の支援を希望される方へ

概 要

 本県の芸術文化関連産業の将来を担う人材の県内就職及び定着を促進するため、県内の中小企業の対象職種に6年間継続して就業する方の、奨学金等の返還に要する経費の一部を支援します。

対象者

 以下の3つの要件をすべて満たす方であれば、大分県出身者でなくても対象となります。

(1)大学(短期大学を含む)か大学院か高等専門学校の修学中に次のいずれかの奨学金等の貸与を受けた方

  • (独法)日本学生支援機構の奨学金
  • (公財)大分県奨学会の奨学金
  • 大分県の母子・父子・寡婦福祉資金(修学資金)
  • (社福)大分県社会福祉協議会の生活福祉資金(教育支援資金の教育支援費)

(2) 平成31年、令和2年の3月に大学等を卒業後、その年の4月30日までに大分県内の中小企業の次のいずれかの職種に6年間継続して就業することが見込まれる方

  • イラストレーター
  • グラフィックデザイナー
  • 雑貨デザイナー
  • 美術スタッフ
  • 建築士・設計士
  • 音楽講師・楽器インストラクター
  • 調律師
  • 楽器リペア

資格の有無は問いません。                                                       (営業・事務等であっても、上記対象職種の業務に従事する場合は対象となります。)

 (3) 大学等の卒業予定年度の9月30日までに「おおいた学生登録」で補助金交付希望を届出した方

  • 在学中の事前登録が必要です。(大学等への進学が決まってから随時登録可能です。)

補助金額

 就職からの6年間で最大122万4千円の奨学金等の返還を支援します。(各年度ごとに補助限度額があります。)

  • 1年目 81,600円
  • 2~5年目 163,200円
  • 6年目 1,224,000円から5年目までの交付済額を差し引いた額

申請スケジュール

     
    必要な手続                期 限申請書類等

    補助金交付希望届出

    (在学中)

    卒業予定年度の

    9月30日まで

    「おおいた学生登録」で届出

    補助対象者認定申請

    (就職1年目)

    卒業年度の翌年度の

    7月31日まで

    第1号様式、第2号様式、

    成績証明書、卒業証明書、

    奨学金貸与証明書(貸与団体発行の写し)

    認定審査会

    (就職1年目)

    卒業年度の翌年度の

    8月下旬~9月上旬

    面接審査若しくは書面審査を実施します。

    補助対象者の認定を受ける必要があります。

    (各年定員5名)

    補助金交付申請

    (毎年)

    卒業年度の翌年度の

    9月30日まで

    (2年目以降は4月10日まで)

    第2号様式、第6号様式、

    奨学金の返還条件および口座振替加入通知(貸与団体発行の写し)、

    誓約書 [PDFファイル/49KB]

  • 申請書類等は下記「様式集」からダウンロードできます。
  • 期限までに「おおいた創生推進課 総合戦略班」あて提出してください。(郵送可)

リーフレット・交付要綱・様式集

関連リンク

 ものづくり産業 (中小製造業または中小情報サービス業)の方はこちら
 九州・山口各県では、九州・山口地域における若者の定着を図るため、域内の大学への進学促進や企業等への就職促進に向けた教育環境の整備に一体となって取り組んでいます。 各県の支援制度については以下リンクをご覧ください。

海外向けPR動画についてはここをクリックしてください