ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 教育委員会 > 教育事務所等 > 佐伯教育事務所 > 「県立学校における政治的教養の教育に関する指針」が策定されました

「県立学校における政治的教養の教育に関する指針」が策定されました

印刷用ページを表示する掲載日:2016年2月19日更新

「県立学校における政治的教養の教育に関する指針」とは

大分県教育委員会では、県立学校における政治的教養の教育の充実と選挙制度の理解を目的として、「県立学校における政治的教養の教育に関する指針」を策定しました。

本指針は、生徒に

  1. 政治事象を取り扱うことによる政治的教養の育成、
  2. 違法な選挙運動等を行うことがないような選挙制度の理解を図る

ことを目的に作成されました。

小・中学校における指導に役立てましょう

18歳で選挙権を持つことになる現在の児童・生徒たちのため、小・中学校においても、社会科の学習において、社会的な思考力や判断力の育成にむけた指導が行われています。

指導に当たっては、それぞれの発達段階を考慮して、社会的事象を公正に判断することができるよう指導していくことが大切です。

本指針の中でも、小・中学校で学ぶ内容が示されていますので、政治的中立性を保ちつつ、政治的教養を育む指導を行うための指導資料としてご活用ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)