ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 教育委員会 > 教育事務所等 > 佐伯教育事務所 > 「防災教育実践事例集」(第2集)が作成されました

「防災教育実践事例集」(第2集)が作成されました

印刷用ページを表示する掲載日:2015年4月22日更新
大分県教育委員会では、平成24年度から防災教育推進事業でモデル校を指定し、それぞれの学校で地域の実情に応じた防災教育を推進してきました。

平成24・25年度は佐伯市立松浦小学校、佐伯市立蒲江翔南中学校、臼杵市立海辺小学校、中津市立城北中学校が指定校となり、その実践や資料は防災教育実践事例集」(第1集)にまとめられています。

この度、平成26年度モデル校の臼杵高等学校、中津支援学校での実践をまとめ、防災教育実践事例集」(第2集)を作成しました。

小・中学校にとっても大いに参考になる事例が含まれていますので、各学校においてご活用ください。

なお、平成27年度は同事業により、佐伯管内から、佐伯市立東雲小学校、佐伯市立東雲中学校及び佐伯支援学校がモデル校として指定され、取組を進めています。

防災教育実践事例集(第1集)の画像

第1集ダウンロードはこちら

防災教育実践事例集(第2集)の画像

第2集ダウンロードはこちらから。