ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 教育委員会 > 教育事務所等 > 佐伯教育事務所 > 小・中一貫した総合的な学習の時間のカリキュラム(H28大分大附属の取組他)

小・中一貫した総合的な学習の時間のカリキュラム(H28大分大附属の取組他)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年3月25日更新

大分大学附属の小・中一貫した総合的な学習の時間のカリキュラム(平成28年計画)

  • 大分大学教育学部(平成27年末までは教育福祉科学部)附属小学校及び中学校は、国や県の施策に基づいたグローバル人材育成を視野に入れ、小・中一貫してその育成が図られる学校へ改革を進めています。
  • その1つとして、総合的な学習の時間を今求められる資質・能力を育成する要となるようカリキュラムの整備をすすめました。
  • 小・中で同じような単元がある、行事の練習や当日をそのまま総合的な学習の時間に充てているなどの問題を解決し、資質・能力の向上が確実に図れ、各教科や外国語活動等との関連をより濃くすすめられるよう平成27年末に整備されました。
  • 佐伯教育事務所としては、管内の国立教育政策研究所や日本生活科・総合的な学習教育学会等にかかる実践事例を提供するなど協力させていただき、下記のデータをいただきましたので、還流いたします。
  • このように、県内外と広くカリキュラムを含む実践を交流し、質を高められるよう管内の支援をして参ります。
  1. 平成28年度総合的な学習全体計画[PDFファイル/222KB]
  2. 総合的な学習の時間小中共通目標つけたい力一覧[PDFファイル/151KB]
  3. 単元プラン様式[PDFファイル/127KB]
  4. 思考ツール活用計画マトリックス[Excelファイル/18KB]
  5. 小学校第3学年総合学習単元プラン[PDFファイル/209KB]
  6. 小学校第4学年総合学習単元プラン[PDFファイル/235KB]
  7. 小学校第5学年総合学習単元プラン[PDFファイル/235KB]
  8. 小学校第6学年総合学習単元プラン[PDFファイル/205KB]
  9. 中学校第1学年総合学習プラン2016[PDFファイル/353KB]
  10. 中学校第1学年総合学習フ?ラン[PDFファイル/266KB]
  11. 中学校第3学年総合学習プラン[PDFファイル/283KB]

蒲江地区小・中一貫の総合的な学習の時間のカリキュラム(平成26年)

  • 佐伯市蒲江地区の上入津小、楠本小、河内小、西浦小、蒲江小、名護屋小及び蒲江翔南中(小6校、中1校)は、平成24年度の各研究発表会の成果や課題を踏まえ、小中一貫したカリキュラム作りを行い平成26年までに改訂を重ねました。平成28年末に統合するため、円滑な統合や接続を意図したものです。
  • B表及びE表は、大岡小学校(横浜市)のものを参考・引用しています。D表は各学校で平成27年末までに作成しようとしているものです。
  • 総合的な学習の時間は、目標、学習活動、内容等の設定が各学校に任されているため、近隣の学校であっても全く異なるカリキュラムとなっているようです。

西浦小学校の実践事例(平成25年10月25日九州へき地教育研究大会にて提案)

  • 佐伯市立西浦小学校等県内6校で「九州地区へき地教育研究協議会」の授業研究会が行われました。西浦小学校では、生活科と総合的な学習の時間を軸に地域の素材を取り上げ、地域の幼児や高齢者、専門家や仕事人と交流するとともに、双方向での情報の発信受信を意図し、思考ツールやICT機器を活用した授業を展開しました。
  • 西浦小学校は、本年度は、1年、2・3年、4・5年、6年の複式を含む4クラスです。その中で、生活科は1・2年合同で、総合的な学習の時間は3年単独、4・5年、6年で授業を実施しています。従って、生活科は1・2年合同授業が可能な年間計画に、3~6年は蒲江地区の基本形をもとに、複式に対応した年間計画に編成しなおしました。

蒲江翔南中学校の実践事例(平成25年11月26日防災教育研修会にて提案)

  • 蒲江翔南中学校は、本年度県教育委員会の防災教育の研究指定を受け、11月26日に成果発表会が行われました。1年では理科、2年では総合的な学習の時間、3年では国語科、保健体育科で防災に関する授業を行いました。そのうち2年の総合的な学習の時間の学習指導案については、上記F表の基本形をもとにつくられています。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)