ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 教育委員会 > 教育事務所等 > 佐伯教育事務所 > 小学校の新たな外国語教育における補助教材(Hi, friends! Story Books)について

小学校の新たな外国語教育における補助教材(Hi, friends! Story Books)について

印刷用ページを表示する掲載日:2016年6月22日更新

1.小学校の新たな外国語教育における補助教材(Hi, friends! Story Books)について(第3・4学年用)

(3年生用「In the Autumn Forest」)
3年生用「In the Autumn Forest」の表紙の画像

文部科学省では,小学校における英語教育の早期化(3・4年生)に対応した新たな英語教育実施のために必要な補助教材を開発しました。
今後,平成28年度中に研究開発学校等においてその効果を検証し,学習指導要領改訂後の新たな教材開発に活用する予定です。

詳しくは文部科学省ホームページをご覧ください。

※本教材は、「英語教育強化地域拠点事業」の研究開発学校及び教育課程課研究開発学校に教室用大型絵本・児童用小型絵本・デジタル教材(DVD)を、都道府県・市区町村教育委員会に児童用小型絵本・デジタル教材(DVD)を、教育課程特例校にデジタル教材(DVD)を配布しています。上記の学校以外で活用したい場合は、所管の教育委員会にお問合せください。また、佐伯教育事務所にも1部ございますので、お近くの方はお問合せください。

(1)教材活用に当たっての留意点

(4年生用「Good Morning」)
4年生用「Good Morning」の表紙の画像

  1. 本教材は,中学年における外国語活動で活用するために作成されたものです。この教材は,「次期学習指導要領の3・4年生の年間指導計画イメージ(案)たたき台」(平成27年12月21日教育課程部会外国語ワーキンググループ資料)に沿って作成されています。
  2. 研究開発学校のカリキュラムを「補助」するものです。本補助教材は,次期学習指導要領に資する先進的な取組を行う学校で活用されることを想定して作成しています。「英語教育強化地域拠点事業」の研究開発学校で補助教材を活用・検証し,その検証結果を新たな教材開発に生かしていく予定です。
    上記以外の学校で,本教材を活用する場合、「補助教材のポイント」や補助教材の性質,並びに下記「絵本活用に対する基本的な考え方」を十分踏まえた上での活用をお願いします。
  3. デジタル教材を使用する際には,最初にダウンロードをしてから御活用ください。外国語活動における絵本の読み聞かせを行う際の留意点は,「Hi, friends! 2 指導編」32~35ページ及び,下記,「絵本活用に対する基本的な考え方」に記されていますので,参考にしてください。

(2)次期学習指導要領に対応した教材の開発について

新学習指導要領は小学校で平成32年度に全面実施となりますが、その年に5,6年生となる児童が「教科化」した外国語活動に戸惑うことがないよう、その前年度(平成31年度)及び前々年度(平成30年度)には段階的な先行実施が始まります。
しかし、小学校における「外国語」は、新たに始まる教科ですので、先行実施の段階ではまだ教科書が存在しないということになります。

そこで、先行実施に備え、新しい学習指導要領に対応した教材を、文部科学省において開発する予定です。
現在のところ、平成28年度中に教材作成を行い、平成29年度に各学校に1部ずつ印刷・配付の予定となっています。
先行実施を行う小学校では、平成29年度中に教材研究及び年間指導計画の作成に取り組んでいく必要があります。

<参考>次期学習指導要領に基づく年間指導計画イメージ(案)たたき台
(平成27年12月21日教育課程部会外国語ワーキンググループ配付資料より)

また、先行実施に当たっては、次期学習指導要領の主旨を十分理解の上取り組むことが必要です。それまでの間は、現行の学習指導要領に則り、現在の「小学校外国語活動」のより一層の充実に取り組んでいきましょう。

2.Hi, friends! Plusについて

平成27年4月に、文部科学省から、小学校における新たな外国語教育における補助教材(5,6年生向け、「文字指導」「語順に対する気付き」含む)が提示されました。
既に配付されている「Hi, friends!」の内容に付け加えられる形で作成されたもので、「Hi, friends! Plus」と名付けられました。

(1)教材内容の特徴について

次期学習指導要領の改訂に向け,身近なことについて基本的な表現によって「聞く」「話す」ことなどに加え,「読む」「書く」の態度の育成を含めたコミュニケーション能力の基礎を養うことができるよう,作成されています。
特に、以下の3点の指導に必要な内容となっています。

アルファベット文字の認識

日本語と英語の音声の違いやそれぞれの特徴への気付き

語順の違いなど文構造への気付き等

(2)デジタル教材の配布並びにホームページへの掲載について

Hi, friends! Plus」のデジタル教材(CD-ROM)については、平成27年4月に、全国の研究開発学校、教育課程特例校及び都道府県・市区町村教育委員会等に配付済みです。
佐伯市の場合、平成27年度時点の小・中一貫校の教育課程特例校に配付されました。また、PDFファイルとwordファイルは、以下のサイトからダウンロードすることができます。

(3)学習指導要領改訂に向けての教材活用について

次期学習指導要領の改訂に向け、今後教育課程特例校以外の各学校においても、小学校外国語活動で文字や語順などの気付きを促す指導が行われていくことが考えられます。
その際に、「Hi, friends! Plus」を活用する希望がある場合は、市内の教育課程特例校、佐伯市教育委員会または佐伯教育事務所に連絡して教材を共有してください。
また、中学校1年生の入門期の文字指導においても十分活用できる内容です。中学校で本教材を活用する希望がある場合も、上記いずれかへ連絡してください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)