ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 教育委員会 > 教育事務所等 > 日田教育事務所 > 「新大分スタンダード」に基づく学習指導案例

「新大分スタンダード」に基づく学習指導案例

印刷用ページを表示する掲載日:2020年9月17日更新

「新大分スタンダード」による
主体的・対話的で深い学びの実現に向けた学習指導案      

 大分県教育委員会では、「新大分スタンダード」による主体的・対話的で深い学びの実現に向けて、小学校高学年の教科担任制や「中学校学力向上対策3つの提言」に沿った取組を推進しています。特に、単元及び1時間(1単位時間)ごとに児童生徒に付けたい力を「具体的な評価規準」として設定することや、「努力を要する状況」の児童生徒への手立て及び「特別な支援等の配慮を要する」児童生徒への手立てを行うよう各学校に周知しています。

 以下に学習指導案(略案)例を紹介しますので、授業等にご活用願います。

R2 学習指導略案(枠) [Word形式]   [Excel形式]

R2 道徳 学習指導略案(枠) [Word形式]   [Excel形式]  (令和2年9月更新)

学習指導略案の作成について(各教科)

学習指導略案の作成について(道徳) (令和2年9月更新)

記入例(新学習指導要領対応)

小1 国語  算数 

小2 国語  生活 

小3 国語  外国語活動

小4 算数  音楽 

小5 国語  算数(1)  算数(2) 

小6 国語(1)  国語(2)  社会  理科 

中1 国語  英語  

中2 数学  英語

中3 国語  英語

   中学校数学

「特別な支援等の配慮を要する」児童生徒への手立てに係る資料

各教科等における学習上の困難さに応じた指導の工夫例

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)