ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

麻薬関係手続き

印刷用ページを表示する掲載日:2013年8月20日更新

免許の申請

下記の書類も添付して申請して下さい。
(1)精神障害、麻薬または覚せい剤の中毒に該当しないこと証明する診断書(申請者が法人の場合は業務を行う役員全員分)
(2)医師等の資格を証明する書類
(3)法人または団体の場合は、登記簿の謄本及び業務分掌表

免許証の記載事項変更届

氏名、業務所等が変更になった場合は、15日以内に届け出て下さい。
麻薬取扱者の免許証及び、氏名変更の場合はそれがわかる書類を添付して下さい。

麻薬廃棄届

期限切れ、変質などにより使用しない麻薬を廃棄する際には、保健所職員の立ち会いの下で廃棄する必要があります。
実際に廃棄を行う日程については、書類を提出する際に調整します。

調剤済麻薬の廃棄届

調剤を行った後の麻薬を処方変更等により廃棄する際に必要となる届出です。
実際に廃棄する際は、保健所職員が立ち会う必要はありません。
廃棄後、30日以内に届け出て下さい。30日以内であれば、複数の廃棄をまとめて届け出てもかまいません。

事故の届出

盗難、所在不明、滅失、その他事故が生じた場合にはすみやかに事故届を提出して下さい。
盗難の場合は、早急に電話等により保健所及び警察に報告して下さい。また、届出を提出する際は警察の盗難証明書も添付して下さい。
麻薬注射剤を過誤によって破損したことにより流出した場合は、麻薬廃棄届および調剤済み麻薬廃棄届は不要です。
届出の手続きは麻薬管理者(麻薬管理者がいない麻薬診療施設においては麻薬施用者)が提出して下さい。
※2部提出して下さい。

業務廃止等の届出

麻薬に関する業務又は研究を廃止したときに、麻薬取扱者の免許証を添付して提出して下さい。また、以下のいずれかに該当する場合は業務廃止の届出と併せて下記の手続きが必要になります。
(1)病院、診療所、薬局等を廃止した場合
(2)病院、診療所等に麻薬施用者が一人もいなくなった場合
(3)病院、診療所、薬局等の開設許可が取り消された場合
(4)移転・改築の場合
(5)開設者に変更があった場合
(6)診療所から病院に代わった場合等

残余麻薬届

15日以内に提出して下さい。現有する麻薬がない場合も必要です。

残余麻薬譲渡届または麻薬廃棄届

現有する麻薬がある場合のみ、50日以内に提出が必要です。
譲渡する場合は残余麻薬譲渡届が必要です。
廃棄する場合は廃棄届を提出し、保健所職員の立ち会いの下で廃棄する必要があります。

各手続き書の様式については下記のリンク先からダウンロードできます。


海外向けPR動画についてはここをクリックしてください