ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > おおいた商工労働ポータル > 先端技術を活用した産学官の取組事例
おんせん県オンラインショップ

カテテ

働きたい女性応援サイト
インターンシップなび 
消費税
※下記のメニューから探したい項目をクリックしてください。(☆は別サイトへのリンクです)

先端技術を活用した産学官の取組事例

印刷用ページを表示する掲載日:2019年7月16日更新

大分県では、民間企業や大学等の研究機関と連携し、先端技術を活用した地域課題の解決に取り組んでます。

ここでは、今後の県民生活をより安心・安全かつ便利なものにするため、実際に取り組みを行っている事例をご紹介します。

大分大学、SAPジャパン、ザイナス 「防災・減災のための情報活用プラットフォームの構築」

防災・減災のための先端技術活用事例紹介動画

 国立大学法人大分大学 減災・復興デザイン教育研究センター(CERD)、SAPジャパン、ザイナスの3者が協力し、防災・減災に必要とされるドローンを含む多種多様なデータを統合・分析することを可能とする「防災・減災のための情報活用プラットフォーム」構築に取り組んでいます。

CERDでは、このプラットフォームを活用し、深層学習や機械学習などのAIによって災害リスクの評価を行います。さらに、この情報を自治体や関係機関へ提供することで、災害発生時の迅速かつ正確な初動対応を可能にします。


大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください