ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 食の安全・安心のひろば > 大分県食品適正表示推進者制度について

大分県食品適正表示推進者制度について

印刷用ページを表示する掲載日:2016年12月26日更新

大分県食品適正表示推進者設置店について

 全国的に食品の産地偽装などが続発したことから、大分県では小売店や製造・加工業、飲食店などの食品事業者の食品表示に対する知識と自主管理の向上のため、平成21年度から「食品適正表示推進者制度」を実施しています。
 本制度は、大分県と(一社)大分県食品衛生協会とで開催する食品表示関係法令の講習会を受講した食品事業者を、専門知識を持った「食品適正表示推進者」として県に登録し、その推進者を設置している店舗や事業所を「大分県食品適正表示推進者設置店」として公開しています。
 現在、291事業者で、適正表示の推進に努めています。


海外向けPR動画についてはここをクリックしてください