ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 食の安全・安心のひろば > 第5次大分県食品安全行動計画について

第5次大分県食品安全行動計画について

印刷用ページを表示する掲載日:2018年3月29日更新

第5次大分県食品安全行動計画を策定しました

食品安全行動計画とは

 大分県では、食の安全に対する信頼を確保し、安心して生活できる社会をつくるため、2005年に「大分県食の安全・安心推進条例」を制定しました。この条例に基づき、食の安全・安心に関する施策の計画的な推進を図るため、2006年に「第1次大分県食品安全行動計画」を、2009年に「第2次計画」、2012年に「第3次計画」を策定し、様々な施策に取組んできました。
 一方、食の安全を取り巻く状況として、廃棄食品の不正流通事件、食品への異物混入事件、野外イベントで販売された加熱不十分な鶏肉のタタキ寿司による大規模なカンピロバクター食中毒、冷凍メンチカツの加熱不足による腸管出血性大腸菌O157食中毒、きざみのりを原因とした大規模なノロウイルス食中毒、関東地域で広域に発生した腸管出血性大腸菌O157食中毒事件等が起こっています。
 また、食品取扱事業者へのHACCP制度化等への流れや食品表示法の改正による加工食品の原料原産地表示の義務化、栄養成分表示の義務化、BSE検査対象の見直しなどの情勢変化があります。
 今後、県内では国民文化祭・おおいた2018、全国障害者芸術・文化祭おおいた大会やラグビーワールドカップ2019TMなどの大規模イベントが開催され、県内の食の安全・安心の確保にさらに取り組む必要があります。
 また、畜水産物の米国やEU等への輸出に対しては、高度な衛生確保対策が求められています。
 このような状況から、新たな課題に対して生産から消費に至る食品の安全性と信頼性を確保し、消費者の不安感の解消と信頼の向上を図ることが必要となっています。
 今回、これまでの取り組みで得た成果や直面する問題等を踏まえ、より充実した食の安全・安心への取り組みを構築するため、新たに、2018年度からの5ケ年計画である「第5次大分県食品安全行動計画」を策定しました。

計画策定までの経過

 計画の策定に当たっては、食品安全行政が生産から流通、消費に至るまでの様々な分野にまたがることから、県庁内の関係13課室によるワーキンググループを組織し、作業にあたってきました。
 また、大分県食の安全・安心推進条例に基づき、消費者、生産者、流通関係者、学識経験者から構成される「大分県食品安全推進県民会議」の意見やパブリックコメントの意見を踏まえた計画としています。

計画の詳細

第5次大分県食品安全行動計画(概要版)
第5次大分県食品安全行動計画(本編)

海外向けPR動画についてはここをクリックしてください