ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 障害福祉課の詳しい業務内容 > 障がい者アートフェスティバルAction!展示パネルの公開について

障がい者アートフェスティバルAction!展示パネルの公開について

印刷用ページを表示する掲載日:2016年2月8日更新

障がい者アートフェスティバルAction!展示パネルの公開について

 以下のとおりAction!を開催しました。開催期間中は、多くの方々にご来場いただきありがとうございました。

 今回、より多くの方に展示パネルをご覧いただきたくホームページに公開します。

 陶器・ガラス工房ラ パロマ [PDFファイル/939KB]

 アートリンク・プロジェクト [PDFファイル/909KB]

 やまなみ工房 [PDFファイル/1月25日MB]

 たんぽぽの家 [PDFファイル/2月12日MB]

 音遊びの会 [PDFファイル/889KB]

 みやざき◎まあるい劇場 [PDFファイル/1.81MB]

 Unlimited. [PDFファイル/1023KB]


 現在、障がい者アートの普及及び課題の解決に取り組む個人・団体が様々な活動を全国で展開しています。時にそれらの活動は、社会の在り方について考えさせ、我々に気づきをもたらします。

 本事業「Action!」は、障がい者アートの展示・鑑賞を目的とする展覧会ではなく、活動に従事する方々の言葉を中心に紹介し、課題やビジョンを共有する場、考え、活動が生まれる場づくりです。今後、ここ大分県でも社会を豊かにするための活動=Actionが生まれてくる事を目指します。

日時:2016年1月15日(金曜日)~1月17日(日曜日) 

場所:大分県立美術館(Opam)展示室A

    〒870-0036 大分県大分市寿町2-1

主催:大分県

企画:NPO法人Beppu Project

協力:一般財団法人 たんぽぽの家、ブリティッシュ・カウンシル 

<イベント>

1.Work Shop(ワークショップ) 1月16日(土曜日)14時00分~15時00分

  講師:中野マーク周作(陶器・ガラス工房 ラパロマ)

      「小麦粉ねんどでオリジナルの怪獣をつくろう!」

      ※小学3年生以下は保護者同伴

      定員20名

2.Talk Forum(トークフォーラム) 1月16日(土曜日)17時00分~19時00分

  1部/講師:播磨靖夫(たんぽぽの家)

      参加者全員で障がい者アートについて考えるためにフォーラムを開催。

      たんぽぽの家の多岐にわたる活動から障がい者アートについて考えてみる。

  2部/講師:山出淳也(NPO法人Beppu Project)

      参加者全員で社会的包摂の観点から障がいについて考える。  定員:150名(※1部、2部あわせて)

3.Movie(ムービー) 1月17日(日曜日)13時00分~15時00分

  「音の城♪音の海-Sound to Music-」

  公演に至るまでに重ねられたセッションと対話を丁寧に綴ったドキュメンタリー映画  定員:100名

Action!のパンフレットはこちらからダウンロードしてください。→パンフレット [PDFファイル/288KB] 


海外向けPR動画についてはここをクリックしてください