ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 大分県宇佐土木事務所 > 宇佐土木事務所の活動報告(河川清掃 第2弾)

宇佐土木事務所の活動報告(河川清掃 第2弾)

印刷用ページを表示する掲載日:2015年11月5日更新

黒川で特定外来生物「オオフサモ」の除去を行いました。

1.活動の目的

  特定外来生物として指定されている「オオフサモ」を除去することを目的として行うものです。

2.活動の概要

   ○実施場所  2級河川 黒川 (城井地区)
   ○実施日時  平成27年10月21日(水曜日)
   ○実施内容  オオフサモの除去
   ○参  加  者  宇佐自然と親しむ会、城井地区住民、宇佐市、宇佐土木事務所   計18名

3.活動の内容

  黒川において大量発生していた「オオフサモ」は、、繁殖力の強い特定外来生物であり、地元でも脅威となっていました。加えて、根が張ったオオフサモは予想以上に重く、地元住民だけでは除去が難しいことからその対応に苦慮していました。

 そのような中、地区から除去要望があり、宇佐市と宇佐土木事務所で協議した結果、環境省環境カウンセラーである大塚政雄氏の協力のもと、地区と協同してオオフサモの除去に取り組むことになりました。

 活動当日は、まず、大塚氏からオオフサモの除去に関しての注意事項などを教えていただき、参加者が作業手順を確認した上で作業に取りかかりました。

 オオフサモは思った以上に根が張っており、参加者は悪戦苦闘しましたが、作業開始から1時間半程度ですべてのオオフサモを完全に除去することができました。  


オオフサモ繁茂状況オオフサモ事前レクオオフサモ除去状況1オオフサモ除去状況2


大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください