ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 交通政策課 > 「九州の東の玄関口としての拠点化戦略中間見直し案(素案)」に対する県民意見の募集について

「九州の東の玄関口としての拠点化戦略中間見直し案(素案)」に対する県民意見の募集について

印刷用ページを表示する掲載日:2019年10月9日更新

1 「九州の東の玄関口としての拠点化戦略中間見直し案(素案)」の趣旨

 瀬戸内海に面する本県は、関西、中国及び四国地方へのフェリー航路があり、九州の中・長距離フェリーの8割以上が発着しています。平成28年10月の清水港航路就航以降、大分港大在地区のRORO船航路は、急速に充実が進んでおり、令和元年6月時点で、2航路週9便と九州屈指のRORO船基地となっています。また、東九州自動車道が平成28年4月に北九州市から宮崎市まで繋がり、さらに中九州横断道路も31年1月に朝地IC-竹田IC間が完成したことで、本県から九州の主要都市までの所要時間の短縮が進んでいます。海路と陸路が結節する位置にある本県は、まさに九州の東の玄関口として、人・物が集積する拠点となるポテンシャルが益々高まっています。

 こうした状況を踏まえ、県では、多くの人・物が本県を介して九州内外を行き来する状況をつくり出すことで、本県経済の活性化、雇用の創出等を促進し、地方創生を加速することを目指して、平成29年3月に「九州の東の玄関口としての拠点化戦略」(計画期間:令和6年度まで)を策定し、その実現に向けて取り組んでいるところですが、別府港再編計画の策定や大分空港利用者の200万人の回復など本戦略策定後の状況の変化や、本年6月に開催された「九州の東の玄関口としての拠点化戦略フォローアップ会議」での意見を踏まえ、上位計画である大分県長期総合計画「安心・活力・発展プラン2015」の中間見直しに合わせて、本戦略の中間見直しを行うこととし、「九州の東の玄関口としての拠点化戦略中間見直し案(素案)」を取りまとめました。

 この見直し案(素案)に対する県民の皆様からのご意見を募集します。

2 公表資料

1.九州の東の玄関口としての拠点化戦略中間見直し案(素案)の概要 [PDFファイル/236KB]

2.九州の東の玄関口としての拠点化戦略中間見直し案(素案) [PDFファイル/1.34MB] 

なお、公表資料は、このホームページ以外に次の場所で閲覧することができます。

 ア企画振興部交通政策課(県庁舎本館3階)

 イ大分県情報センター(県庁舎本館1階)

 ウ地区情報コーナー(下記の振興局、土木事務所内)

   ・東部振興局・南部振興局・豊肥振興局・西部振興局・北部振興局

   ・豊後高田土木事務所・別府土木事務所・臼杵土木事務所

   ・豊後大野土木事務所・玖珠土木事務所・中津土木事務所

3 意見等の募集方法及び募集期間

(1)募集方法
   この計画に対するご意見は、住所、氏名、電話番号を明記の上、下記の宛先までお寄せください。
    (住所、氏名の記載のない場合は受付できません。ただし、住所、氏名、電話番号を公表することはありません。)

   ○記入用紙  

     ・県民意見募集用紙 [Wordファイル/29KB]

     ・県民意見募集用紙 [PDFファイル/47KB]

   ○提出方法        

      ア 郵送の場合 
        〒870-8501 大分市大手町3丁目1番1号
        大分県企画振興部交通政策課広域交通班  
     イ ファクシミリの場合
        097-506-1731
          大分県企画振興部交通政策課広域交通班     
     ウ 電子メールの場合
        a10870@pref.oita.lg.jp
     エ 大分県電子申請システムの場合
        https://www.egov-oita.pref.oita.jp/SksJuminWeb/EntryForm?id=B5njljHa

(2)募集期間
   令和元年10月9日(水曜日)~令和元年11月8日(金曜日)

4 その他

(1)提出された意見等の公表について
    募集締め切り後、提出されたご意見を考慮して戦略の見直し手続きを進めるとともに、ご意見とそれに対する県の考え方等を整理して公表します。
    なお、ご意見等に対する個別の回答はいたしませんのでご了解ください。

(2)質問等
    この意見募集についてのご質問等は、次の連絡先までお問い合わせください。


大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください