ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 健康づくり支援課 > 平成28年県民歯科健康状況実態調査結果のお知らせ

平成28年県民歯科健康状況実態調査結果のお知らせ

印刷用ページを表示する掲載日:2017年4月1日更新

県民歯科健康状況実態調査とは

 歯・口は食べることのを容易にするばかりでなく、話す、笑う等人生を豊かにするなど、大切な機能を持っています。
 また、歯・口の健康は、感染症や糖尿病等の生活習慣病の予防に関係するなど、全身の健康を保持増進するための重要な要素となっています。
 この県民歯科健康状況実態調査は、平成25年12月に施行された大分県歯と口腔の健康づくり推進条例第12条に基づき、5年に1度行われるもので、
大分県における歯と口の健康状況を明らかにするとともに、今後の歯科保健対策推進および大分県歯科口腔保健計画-新・歯ッスル大分8020-の見直しに反映させるものです。

平成28年県民歯科健康状況実態調査報告書

 目 次
平成28年県民歯科健康状況実態調査

1 調査の概要                           

2 調査結果の概要                           
    
    (1) 被調査者数                                                   
    (2) 現在歯の状況                                                 
    (3) むし歯の状況                                                 
    (4) 歯周組織の状況                                               
    (5) 顎関節の状況                                                 
    (6) 口腔内の自覚症状                                            

3 県民健康意識行動調査(生活習慣実態調査票による調査)の概要       

4 県民健康意識行動調査結果(歯科関連項目)の概要                   

    (1) 回答者属性                                                   
    (2) たばこと歯周病(歯槽膿漏)との関連                           
    (3) 年齢別現在歯数                                               
    (4) よく噛んで食べることができる者の割合                         
    (5) フッ素がむし歯予防に効果があると答えた者の割合               
    (6) 歯間部清掃用具を使用している者の割合                         
    (7) 定期健診等を受けている者の割合                              

5 大分県歯科口腔保健計画の目標値に対する実績値   

 本文ファイル                  


                                          

関連するページへのリンク


大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください