ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 健康づくり支援課 > 「難病指定医」・「協力難病指定医」の指定に係る研修について

「難病指定医」・「協力難病指定医」の指定に係る研修について

印刷用ページを表示する掲載日:2019年7月12日更新
  大分県では、令和元年度から「難病指定医」・「協力難病指定医」の指定に係る研修をWeb研修として行います。

1 目的

 「難病の患者に対する医療等に関する法律(平成27年1月施行)」により、難病の患者に対する新しい医療費助成制度が実施されています。
 この新制度では、医療費助成の支給認定申請に必要な診断書(臨床調査個人票)を作成できるのは、県が指定登録した「難病指定医」または「協力難病指定医」に限られています。(難病指定医・・新規・更新診断書の両方を作成できる、協力難病指定医・・更新診断書のみ作成できる)
 指定を受けるためには、国が定める専門医資格(特定の学会等の専門医)をお持ちでない場合、県が行う研修を受講する必要があります。
 

2 対象者

 大分県を主たる勤務地(主として指定難病の診断を行う医療機関の所在地をいう。)とする医師であって、以下のいずれかに該当する者
 (1)専門医の資格を有していない医師で5年以上の実務経験があり、新たに「難病指定医」の指定申請を予定している者、または更新申請を予定している者 
 (2)5年以上の実務経験があり新たに「協力難病指定医」の指定申請を予定している者、または更新申請を予定している者

3 研修実施手順

 以下(1)から(5)の資料をダウンロードしてお読みください。
 読了後、(6)の質問シートを印刷し回答を記入後、健康づくり支援課へ送付してください。送付に当たっては、下記の「4 質問シートの送付について」をお読みください。 

4 質問シートの送付について

  研修資料読了後、質問シートを記入し、以下の書類とともに下記あて送付してください。ただし、回答に誤りがある場合は受講したものと認められませんのでご注意ください。
   (1)新規申請の場合
     (1)難病指定医申請書または協力難病指定医申請書
     (2)医師免許証の写し
     (3)質問シート

   (2)更新申請の場合
     (1)指定医指定更新申請書
     (2)医籍の登録番号及び登録年月日に変更がある場合は、医師免許証の写し
     (3)質問シート

   (3)送付先
    〒870-8501
     大分市大手町3-1-1
     大分県福祉保健部健康づくり支援課がん・難病対策班      

5 修了証書について

  県において送付された質問シートを確認後、研修を修了したと認められる場合は、修了証書とともに指定医指定通知書または更新通知書を発行します。

6 注意事項

  (1)本研修は、大分県で難病指定医及び協力難病指定医の指定を受けるために実施するものであり、他の自治体の難病指定医等の申請には利用できません。
  (2)指定医区分の変更を希望する場合は、指定申請とともに既に指定を受けている指定医の辞退届が必要となります。

7 お問い合わせ先

  大分県健康づくり支援課 がん・難病対策班 097-506-2678

海外向けPR動画についてはここをクリックしてください