ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

食事バランスガイド

印刷用ページを表示する掲載日:2010年3月11日更新

食事バランスを考えていますか?!

-食事バランスガイドを活用して生活習慣病を予防しましょう-

近年、栄養・食生活の乱れが大きな問題となっています。
 欠食、外食が多い、ご飯などの主食が少ない、野菜摂取量が少ない、カルシウム不足、お酒やお菓子のとりすぎ、食塩のとりす ぎなど多くあげられます。
 また、栄養素の補給を目的としたサプリメントや健康食品等に過度に期待して、主食、主菜、副菜をそろえた基本的な食事ができていないことも問題です。
 平成16年国民健康・栄養調査によると、30~60歳代男性と60歳代女性の約3人に1人は肥満、一方で若い女性では低体重(やせ)が増加しており、 20歳代女性の約5人に1人は低体重(やせ)という状況が明らかになりました。
 栄養・食生活の乱れは、糖尿病、脳卒中、心臓病などの生活習慣病をもたらす原因のひとつとなります。
 日々の食事を見直すため、「食事バランスガイド」を活用してみてください!!

 「食事 バランスガイド」とは、1日に「何を」「どれだけ」食べたらよいかが一目でわかる食事の目安です。
 コマをイメージして描き、食事のバランスが悪いと倒れてしまうことを表しています。
 厚生労働省と農林水産省の共同により平成17年6月に策定されました。

 詳細はこちらから→食事バランスガイドリーフレット [PDFファイル/1.55MB]


大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください