ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 国保医療課 > 【市町村の取組 全国1位!】平成30年度分国民健康保険保険者努力支援制度の評価結果

【市町村の取組 全国1位!】平成30年度分国民健康保険保険者努力支援制度の評価結果

印刷用ページを表示する掲載日:2018年9月3日更新
全国1位!

 平成30年度分国民健康保険保険者努力支援制度の評価結果等が厚生労働省から示され、本県市町村の平均獲得点数が全国1位となりました。
 この結果は、これまでの市町村及び県による生活習慣病等の予防、健康づくりなどの医療費適正化に向けた取組や実績が評価されたものです。

 平成30年4月から、県は市町村とともに国民健康保険の保険者となり、国保財政運営の責任主体として、国保運営に中心的な役割を担うこととなりました。
 今後、平成31年度分評価に向けて、引き続き医療費適正化への取組を強化するとともに、市町村を支援していきます。

 「特定健診を受ける」、「早めにかかりつけ医を受診する」、「国民保険税を納める」などの国保加入者のみなさまの行動が、ポイントに繋がりますので、ご協力をお願いします。

評価結果(県全体及び市町村別)

H30保険者努力支援制度結果1
H30得点結果2
H30得点結果3

保険者努力支援制度について

 国保保険者による医療費適正化への取組など保険者機能の強化を促す(インセンティブ)観点から、適正かつ客観的な指標(※)に基づき、都道府県や市町村ごとに保険者としての実績や取組状況を点数化し、それに応じて国から交付金を交付することで、国保の財政基盤を強化する制度。

 (1) 平成30年度国の予算規模
     約1,000億円(市町村分:500億円 都道府県分:500億円)

 (2) 交付金額の決定方法
     ア (各保険者ごとの得点)×(保険者ごとの被保険者数)=(保険者ごとの総得点)
     イ 総得点に応じて、予算額を按分

  (※)主な指標  ・糖尿病等の重症化予防の取組
              ・保険税収納率の向上
              ・特定健診実施率及び特定保健指導実施率
              ・第三者求償事務の取組
              ・後発医薬品の使用促進           など

関連リンク

保健事業へ

大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください