ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 薬務室 > 平成30年度毒物劇物取扱者試験における不適正問題の取扱いについて

平成30年度毒物劇物取扱者試験における不適正問題の取扱いについて

印刷用ページを表示する掲載日:2019年7月26日更新

平成30年度毒物劇物取扱者試験における不適正問題の取扱いについてお知らせします

 平成30年8月7日(火曜日)に実施した平成30年度毒物劇物取扱者試験について、問題の一部に不適正な問題があることが判明しました。

 受験者並びに関係者の皆様に深くお詫びするとともに、次のとおり取り扱うこととしましたので、お知らせします。

1 経緯

 令和元年7月10日、業界団体関係者からのご指摘を受け、問題を精査したところ、不適正な問題があることが判明しました。

2 対象となる問題

 

問16 以下のうち、法律第22条の規定により、業務上取扱者の届出を要する事業について、正しい組み合わせを下から一つ選び、その番号を解答欄に記入しなさい。

 

    ア シアン化ナトリウムを用いて電気めっきを行う事業

    イ シアン化ナトリウムを用いてしろありの防除を行う事業

    ウ 内容積が200Lの容器を大型自動車に積載して四アルキル鉛を含有する製剤の運送を行う事業

    エ 砒(ひ)素化合物を用いて金属熱処理を行う事業

 

    1(ア、ウ)

    2(ア、エ)

    3(イ、ウ)

    4(イ、エ)

正答を1(ア、ウ)としておりましたが、イについても、業務上取扱者の届出を要する事業となることから、正答が複数存在することになり不適正な問題と判断しました。

3 対応

 問16については、受験者全員を正解としました。

 この対応により、改めて合否判定を精査した結果、追加合格者はいませんでした。

 今後、試験問題のチェック体制を強化し、再発防止に努めます。


大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください