ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 薬務室 > 平成30年度麻薬・覚醒剤乱用防止運動おおいた大会の開催について

平成30年度麻薬・覚醒剤乱用防止運動おおいた大会の開催について

印刷用ページを表示する掲載日:2018年10月12日更新

平成30年度麻薬・覚醒剤乱用防止運動おおいた大会の開催について

 1.目的

 麻薬、覚醒剤、大麻、シンナー、危険ドラッグ等(以下、「麻薬・覚醒剤等」という。)の薬物乱用は、乱用者個人の健康上の問題にとどまらず、各種の犯罪の誘因等公共の福祉に計り知れない危害をもたらしています。

 近年は、インターネットを中心とした誤った情報の流布等も一因となって、大麻事犯検挙人員は増加傾向にあり、特に30歳未満の大麻事犯検挙人員は大麻事犯全体の約半数を占めており若年層への大麻乱用の広がりが問題となっています。

 そこで、麻薬・覚醒剤等の乱用による危険性・有害性を広く県民に周知し、薬物乱用のない社会環境づくりの推進のため「平成30年度麻薬・覚醒剤乱用防止運動九州地区大会」を開催します。

2.実施機関等

 主催:厚生労働省、大分県、大分県薬物乱用対策推進地方本部

 後援:(公財)麻薬・覚せい剤乱用防止センター、大分県教育委員会、大分県警察本部、他協力団体

大会の詳細 (大会ポスターはこちら) [PDFファイル/4.8MB]

1.大会名

 麻薬・覚醒剤乱用防止運動おおいた大会

2.日時及び場所

 日時:平成30年11月21日(水曜日) 13時00分~16時00分 (開演12時30分)

 場所:iichiko音の泉ホール(大分市高砂町2番33号)

3.内容

第1部 式典(13:00~13:45)

(1)開会の辞 (2)主催者挨拶 (3)来賓挨拶 (4)表彰式   

第2部 特別講演等(14:00~16:00)

(1)アトラクション:大分高校書道部による書道パフォーマンス

(2)基調講演:厚生労働省『薬物乱用の現状と課題について』

(3)特別講演:水谷 修 氏

        『さらば、哀しみのドラッグ-夜回り先生、いのちの授業』

(4)大会宣言:柳ヶ浦高等学校インターアクトクラブ

(5)閉会の辞

入場料及び受付について

 入場は無料です。 

 当日受付も可能ですが、定員500名に達した場合、事前受付を優先します。

 事前受付は下記のURLもしくは電話(097-506-2650)・FAX(097-506-1828)・Eメール(a12610@pref.oita.lg.jp)にてお願いします。

 氏名、住所、連絡先(携帯番号等)をお知らせ下さい。

 https://www.egov-oita.pref.oita.jp/QsDyF2Os


海外向けPR動画についてはここをクリックしてください