ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 薬務室 > 平成26年4月1日から指定薬物の所持・使用等が禁止されます

平成26年4月1日から指定薬物の所持・使用等が禁止されます

印刷用ページを表示する掲載日:2014年3月17日更新

平成26年4月1日から指定薬物の所持・使用等が禁止されます

平成26年4月1日から指定薬物の所持、使用、購入、譲り受けが新たに禁止されます。
違反した場合、3年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金又はこれらが併科されます。

違法ドラッグ(いわゆる脱法ドラッグ)に含まれる成分のうち、幻覚等の作用を有し、使用した場合に健康被害が発生するおそれのある物質を、薬事法に基づき厚生労働大臣が「指定薬物」として、これまで1,300物質以上を指定し、規制を行ってきました。

これまでも薬事法により、指定薬物の輸入、製造、販売、授与、販売若しくは授与目的での貯蔵又は陳列については禁止されていましたが、所持、使用等について特段の規制がなく、指定薬物を含む違法ドラッグを安易に入手し使用する事例が数多く報告され、急性毒性や「依存症候群」等の精神症状を発現した事例、交通事故等による他者への危害事例が頻発しています。

こうした状況から、新たな乱用薬物の根絶を図るため、指定薬物の輸入、製造、販売等に加え、所持、使用、購入、譲り受けについても禁止することとなりました。

大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください