ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 医療政策課 > 地域医療介護総合確保基金について

地域医療介護総合確保基金について

印刷用ページを表示する掲載日:2019年5月10日更新

地域医療介護総合確保基金について

 人口減少・高齢化が進むなか、平成37(2025)年には、いわゆる「団塊の世代」の方々すべてが75歳以上となり、本県でも3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上となる見込みです。
 今後、高齢化の進展に伴い医療や介護を必要とする方がますます増加していくため、患者それぞれの状態にふさわしい良質で適切な医療を効果的かつ効率的に提供する体制を構築することが喫緊の課題となっています。
 これらの課題へ対応するため、平成26年度から消費税増収分を財源として、各都道府県に地域医療介護総合確保基金を設置し、事業を実施しています。

平成26年度計画について

平成27年度計画について

平成28年度計画について

平成29年度計画について

平成30年度計画について

造成内容について


海外向けPR動画についてはここをクリックしてください