ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 大分県消費生活・男女共同参画プラザ > 平成26年度第2回石油製品販売価格等調査(平成26年12月調査)結果について

平成26年度第2回石油製品販売価格等調査(平成26年12月調査)結果について

印刷用ページを表示する掲載日:2015年1月7日更新

1.調査目的

 県民の消費生活にとって重要な石油製品の小売価格等を調査し、価格の変化や地域差を明らかにすることにより、物価行政の基礎資料を得ることを目的としています。
 

2.調査期日

 平成26年12月15日(月)~19日(金)

3.調査対象

県内の石油製品小売店舗(ガソリンスタンド)の約3分の1にあたる217店舗を調査対象としました。
 《調査対象店舗内訳》
  県民生活・男女共同参画課      5店舗
  県振興局(各3~9店舗)      35店舗
  市町村(市・各5~25店舗、
       町村・各2~3店舗)    177店舗
                   計    217店舗

4.調査結果

《 概要 》

  (1)ガソリン販売価格(レギュラー1リットル当たり)            ※前回調査 平成26年5月
    現金売り  平均販売価格155.22円(前回調査168.04円)
    掛売り    平均販売価格159.17円(前回調査170.88円)
  (2)ガソリン販売価格店頭表示状況
    全県で41.5%(前回調査42.8%)
  (3)ガソリン領収書単価表示状況
    全県で90.3%(前回調査91.2%)
  (4)灯油販売価格(18リットル当たり)
    店頭  平均販売価格1,785.30円(前回調査1,961.13円)
     配達  平均販売価格1,909.11円(前回調査2,078.53円)

《 報告書 》


大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください