ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > うつくし作戦推進課 > 県内の温室効果ガス排出量

県内の温室効果ガス排出量

印刷用ページを表示する掲載日:2019年3月19日更新

 このたび、2017(平成29)年度県内の温室効果ガス排出量を取りまとめました。

  1 温室効果ガス排出量
    ・2017年度の県内における温室効果ガス排出量  4,227万1千 t-CO2(対前年比 2.4%減)
    ・このうち、二酸化炭素排出量は、4,178万4千 t-CO2(対前年比 2.4%減)

  2 温室効果ガス排出量減少の主な原因
    ・家庭部門等において電力等エネルギー消費量の減少及び電力の排出原単位が改善したため。  

  3 家庭、業務、運輸の3部門の二酸化炭素排出量
    【家庭部門】 175万6千 t-CO2 (対前年度比  1.7%減)
    【業務部門】 175万3千 t-CO2 (対前年度比  8.9%減)
    【運輸部門】 279万 t-CO2    (対前年度比 0.05%減)

  4 前年度からの増減原因
    【家庭部門】 再生可能エネルギーの普及等により、電力の排出原単位が改善したため。
    【業務部門】 再生可能エネルギーの普及等により、電力の排出原単位が改善したため。    
    【運輸部門】 自動車からの排出量が増加した一方で、鉄道等、船舶からの排出量が減少したため。

 県では、平成28年3月に策定した第4期大分県地球温暖化対策実行計画に基づき、家庭部門、業務部門、運輸部門の3部門において二酸化炭素排出量の削減目標を掲げ、県民、事業者、県が連携して地球温暖化対策に取り組んでいくこととしています。

   2017年度温室効果ガス排出量【概要版】 [PDFファイル/643KB]

   2017年度温室効果ガス排出量【詳細版】 [PDFファイル/2.33MB]

よりよいウェブサイトを提供するためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。


海外向けPR動画についてはここをクリックしてください