ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 自然保護推進室 > 令和2年度いきものウォッチング委託事業における受託団体の募集について

令和2年度いきものウォッチング委託事業における受託団体の募集について

印刷用ページを表示する掲載日:2020年7月1日更新

 身近ないきものを対象にした県民参加型のいきもの調査(以下「いきものウォッチング」という。)を実施するため、提案競技方式により、受託団体を募集します。 

1.事業の趣旨

  地球上のすべてのいきものはつながり合い、支え合いながらバランスをとっています。大分県の豊かな自然も、この「生物多様性」によって支えられています。しかしながら、宅地開発や里地里山の喪失など人間活動の縮小による危機、人間によって持ち込まれた外来種等による危機、さらには地球温暖化による危機など「生物多様性」の危機が進行しています。

 私たちの生活が「生物多様性」の恵みにより支えられていることについてあまり認識されていないことや、いきものに関する基本的な知識や認識が不足していることが、「生物多様性」を脅かす原因のひとつとなっています。

 そこで県では、「生物多様性保全」の重要性について理解の促進を図るとともに、県内の「生物多様性」の現況を把握することを目的に、身近ないきものを対象に県民の皆さんに参加していただくいきものウォッチングを実施します。 

           R1① R1②

                    <宇佐市赤尾 本谷上池のいきものウォッチング(令和元年度)>


2.募集内容

 身近ないきものを対象にした県民参加型のいきものウォッチングを実施していただきます。

 ※詳しくは募集要項をご覧ください。

【業務内容】 

(1)いきものウォッチングの事前準備(実施前)
  ・テーマ種の選定、 テーマ種の調査マニュアルの作成

(2)いきものウォッチングの実施
  ・参加者は主に県内小中学生及びその保護者とし、その他県民も広く参加できるものとする。
  ・ いきものウォッチングは、生物多様性の重要性についての理解(森林・河川流域・海のつながりが育む豊かな生態系、いきものを育み共生する里地・里山の営み、野生動植物の状況の変化等)を深める内容とする。等

(3)いきものウォッチング報告書の作成等(実施後)
  ・ 参加者の調査記録のとりまとめ、調査結果の分析
  ・ いきものログへの報告
  ※いきものログとは、さまざまな組織や個人のみなさんが持っている生きもの情報を集積して、みんなで共有して提供する環境省のシステムです。
  ※環境省ホームページ(https://ikilog.biodic.go.jp/
  ・調査報告書の作成

  ※詳しくは仕様書をご覧ください。

3.委託団体数及び委託金額

 委託団体数    3団体(予定)

 委託金額     1団体あたり30万円以内(税込)
            ※ただし、予算の範囲内で調整することがあります。

4.応募方法 

     (1)応募書類
       以下のア~ケを提出してください。応募書類は、A4サイズとし、1部提出してください。
       ア 企画提案競技参加申込書(様式1)
       イ 企画提案書(様式2)
       ウ 団体調書(様式3)
       エ 定款またはこれに代わるものの写し
       オ 事業報告書及び収支計算書(直近1ヶ年分)(様式任意)
       カ 役職員名簿(様式4)
       キ 事業費積算書(様式5)
       ク 団体目的等についての確認書(様式6)※任意団体のみ提出
       ケ 誓約書(様式7)

(2)応募方法
  下記の応募先に1部郵送または持ってきてください。
  ※メールでの受付は行いません。

(3)提出期限
  令和2年7月31日(金曜日)17時(必着)

(4)その他
  参加申込書の提出後に参加を辞退する場合は、「辞退届」(様式8)を提出してください。

 辞退届 [Wordファイル/38KB]  辞退届 [PDFファイル/31KB]

5.応募先・問い合わせ先

 〒870-8501
 大分市大手町3丁目1番1号 

 大分県 生活環境部 自然保護推進室 自然保護班

 電話  097-506-3022
 Fax    097-506-1749
 e-mail a13070@pref.oita.lg.jp

募集チラシ

募集チラシ [PDFファイル/660KB]


海外向けPR動画についてはここをクリックしてください