ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

BSE検査について

印刷用ページを表示する掲載日:2019年5月1日更新

BSE検査について

BSE検査は、平成13年10月18日から県内で処理されるすべての牛について実施してきましたが、省令改正により、平成25年7月1日からは48ヶ月齢超の牛のみとなり、平成29年4月1日には健康牛の検査が廃止され、現在、24ヶ月齢以上の牛において、神経症状や起立不能等全身症状を呈する牛のみ検査を継続しています。BSE検査は、スクリーニング検査と確認検査の2段階があり、食肉衛生検査所ではスクリーニング検査を行っています。この検査で陽性となった場合、検体を国の検査機関に送り確定検査を行い確定診断を行います。

BSE検査頭数

大分県食肉衛生検査所でのBSE検査頭数は、以下のとおりです。

年度 BSE検査頭数陰性陽性
H 228,4548,4540
H 237,2777,2770
H 246,4746,4740
H 252,2362,2360
H 267377370
H 279759750
H 281,0141,0140
H 291661660
H 3021210

海外向けPR動画についてはここをクリックしてください